シャドウバースって何が面白いの??徹底的に語ってみた。

シャドウバースって何が面白いの??徹底的に語ってみた。
スポンサーリンク

こんにちは、最近徐々にシャドウバースの人気に陰りが見えて悲しいですね。

僕は前はずっとパズドラやってたので、あの頃も衰退してきた時は寂しかった。。

ということでこんな時に、こんな時だからこそシャドウバースにハマった理由。
何が面白いのか。めっちゃ個人的な話をしていきます。


僕は元々小学校、中学校でよく友達とカードゲームをしていたのでTCGがすごく好きだった。

でもその頃はお金なんてないし、持ってるもののあり合わせでしかないデッキを使っていた。

友達もみんなそんな感じで、それぞれ強いデッキが1つしか無いから人によって強い、弱いが決まってた。やっぱり金持ちには勝てないのよ。戦略とかじゃなくてもうデッキパワーが違った。それでも十分楽しかったんだけどね。

 

そんな感じで中学卒業までカードゲームしてたんだけど、高校に行ったら周りみんなカードゲームなんてやらない人ばかりだった。スポーツ野郎とイケてる野郎達。そんなやつらに囲まれてたら自分もカードゲームをやらなくなっていた。

 

高校〜大学3年位まではずっとパズドラをやっていた。パズドラ繋がりで仲良くなった人もいたし、色んな動画も楽しかった。でもパズドラはだんだん衰退していった。

あんなに心待ちにしていたスタミナも溢れ出したらもうどうでもよくなっていた。受験期も欠かさずログインしてたのに初めてログインしない日が出来た。ログインすらしなくなった。

でも他の楽しそうなアプリを入れても楽しくない。パズドラを超えてこない。あのガチャのドキドキと、スキル上げの作業感が足りない。。

 

そんな時に小学校の時にやっていたカードゲームがスマホで出たと聞いた。その瞬間、カードゲーム欲が爆発した。カードゲームがしたい。パックを開けたい。すぐダウンロードしに行った。

まずレビューを見た。

散々だった。。

ほぼ固定のデッキしか使えないらしく、ゲーム性はかなり低い。というかまずパックが無いらしかった。カードゲームなのにパック引けないのかよ。僕はダウンロードをやめた。

 

でも眺めてみると案外多くのカードゲームがあった。なかでもオススメはハースストーンとシャドウバースらしかった。どっちも聞いたことなかったが面白いならやってみるか、って事でダウンロードすることにした。絵柄の好みでシャドウバースにした。

 

衝撃的だった。。

スポンサーリンク

 

クラスがあって他のクラスのカード使えないのかよ。でもクラスごとに特色があるのか、ルナちゃん可愛いからネクロマンサー使いになろうかなぁ。でもエルフはカードゲーム感があって楽しいなぁ。こんな感じにどんどんハマっていった。ストーリーも普通に面白かった。

パズドラでめっちゃまとめ記事とか読んでいたからすぐに最強のデッキを探しに行った。テンポエルフって言うのが今強いらしい。やっぱりエルフ強いのか、いいよねーエルフ。てかテンポってなんだ。次に強いのがミッドレンジロイヤル?全然知らない単語がめっちゃ出てきた。なんだそれ。ひたすらデッキタイプを調べまくった。

アグロ、ミッドレンジ、コントロール。ここで初めてデッキタイプを知った僕はまた衝撃を受けた。カードゲームってこんな深かったのかよ。昔はなんも考えないで楽しんでただけだけど、より深く楽しめそうだと思った。

 

さらに衝撃的だったのはメタが回るというものだった。最強の名を欲しいままにしたテンポエルフはエンジェルバレッジの大流行を呼び、一ヶ月後には衰退した。世はミッドレンジロイヤルの天下だった。そんな環境に新しいパックが現れた。

やっぱり新パックは楽しい。とか思ってたのも束の間、一瞬にしてドロシーウィッチが環境を席巻した。ドロシーウィッチの恩恵を受けランクをめっちゃ上げた。ドロシー最強!とか思ってたらナーフなる弱体化が行われた。またミッドレンジロイヤルが来た。

 

そんな感じで色々勉強しながらシャドバをやってたら、いつの間にか作りたいと思ったデッキを作れるくらいのカード資産が溜まっていた。リアルのカードは高いので全部のデッキを使うなんてあり得ない。でもシャドバは違った。生成出来るから無課金でも割となんでも作れるのだ。

 

そしてマスターになった今、僕は愛するエルフや日の当たらないカード達を組み込んでガチデッキに日々挑んでいる。確かに勝てないことも多い。でも自分で考えたデッキで勝てること程嬉しいことはない。

どうだこいつ実は強いだろ!なんて対戦相手に言いたくもなる。

 

正直マスターに行くまではランクが気になってガチデッキで行くしかなかった。ポイントがやはり気になるのだった。でもマスターになればもう気にならない。やっと自分のデッキで対戦出来るようになったのだ。

しばらくはこの底辺マスターが心地いいのでMP0〜1000の間を彷徨ってるだろう。でもまた気が向いたら上を目指そうかな。まだまだシャドバは終わらない。。

スポンサーリンク

雑談カテゴリの最新記事