とうとうドロシーもあのカードを使いだした?!新型ドロシーウィッチ

とうとうドロシーもあのカードを使いだした?!新型ドロシーウィッチ
スポンサーリンク

現在10月中期、
SFL新環境のアグロ環境を牽引したフェイスロイヤルも影を潜めだし、原初の竜使いを筆頭にドラゴンが環境を取っています。

ドラゴン環境はドロシーウィッチにとって辛く、原初ドラゴンも例外でなく相性が悪いです。

そんな中ドロシーがとうとうウィッチ最強のあのスペルを搭載しました!!!

そう「次元の超越」です。

 

以前ドロシー超越というデッキもありましたが、あれは超越軸なので、ドロシーウィッチとは呼びません。(個人的意見)

 

今回はしっかりとドロシーが軸となっているデッキなので、使ってみた感想や、解説などしていきたいと思います。

 

≪デッキレシピ≫

今回のデッキは自作のデッキではないので、デッキレシピの紹介は省かせてもらいます。

レシピが気になる方は、
『ドロシー 超越』などと調べてもらえば出てくると思います。

コメント

なんといってもデッキ構成が美しい

最も少ない種類数である14種類のカードで構成するのが、最も安定すると言われているデッキの形ですが、これは15種類!!
超越二枚の代わりに魔法剣を一枚入れているのもかなり深いです。
いろんな種類を2枚ずつ入れてしまう自分には到底できない構成ですね。

 

初期のスペルドロシーの形にかなり似ている構成で、新パックのカードが一枚も入っていないのも面白いです。

 

もっと前から作れる構成だったのに、今になってから発見されるのがドロシーの深さを感じますね。

スポンサーリンク

 

ドロシーにとって苦手な環境なはずなのに研究し続け、このデッキタイプを開発したのは本当にすごいです。
ドロシーの他のデッキタイプにも新たな可能性を感じさせてくれます。
いつか自分でも見つけ出したいですね!!

 

制作者のコメントでもあるように、苦手だったコントロール系のデッキにも
超越があることによって勝てるようになりました。
相手のデッキタイプに合わせて戦えるのが強いですね。
昔のテンポ冥府(ハイブリッド)エルフを思い出します。

 

ただやはり弱点もあります。

まず超越という選択肢が増えたことにより扱いが難しい。。
そしてコールチェインや指輪が入っていないのでドロシーが引けない場合も多いです。
手札が重くて事故ることはあまりないですが、ドロシーが引けずに負けることは割とあります。

まとめ

今回超越搭載型の新型ドロシーウィッチを紹介しましたが、個人的には久しぶりに衝撃を受けるようなデッキレシピでした。
超越一枚でこんなに変わるんですね。。

 

そして原初ドラゴンが支配してる中で、ドロシーウィッチが今環境でも戦えることを示してくれたのが、とても偉大なことだと思います。

 

やっぱり常にドロシーは常に研究され続けているんだと感じて、ドロシー愛好家の一人としてすごく嬉しいです。

ドロシーウィッチのにまた新たな歴史が作られた感じがします。

興味があればドロシーウィッチの歴史でも見てください。↓↓

 

難しいですが使っていてすごく楽しいデッキなのでぜひ使ってみてください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

デッキ紹介カテゴリの最新記事