グランプリAグループ突破デッキ公開&解説

グランプリAグループ突破デッキ公開&解説
スポンサーリンク

昨日の3/15の15時から
とうとうグランプリのラウンド1が始まりましたね!!

管理人は無事に1回目で4勝を決めてAグループでの突破が決まりました!

今回Aグループでの突破できたデッキの考察していこうと思います!!

管理人的おすすめデッキ

知恵の光 ×3
マナリアの知識 ×3
マナリアウィザード・クレイグ ×3
マジックオウル ×3
マジックミサイル ×3
ゴーレムの練成 ×3
ゴーレムアサルト ×1
神秘の探究者・クラーク ×3
ルーンの貫き ×3
ゲイザー ×3
オズの大魔女 ×1
連鎖する雷 ×1
刃の魔術師 ×3
変異の雷撃 ×1
次元の魔女・ドロシー ×3
キマイラ ×3

解説

ご存知の通りドロシーデッキです!

このブログではよく解説をしていますが、
実際のデッキ内容は解説していなかったので何気に初ですね。

クレイグ、クラークの入ったフォロワーブースト型のドロシーウィッチです。

他は結構基本形の感じですが、
ルーンの貫きが3枚、雷、変異が1枚づつ入っているので
かなり前のめりに攻めていくデッキになっています。

なので後述しますが、
守り寄りのミッドレンジやコントロールデッキは苦手です。

5,6ターン目までにがっつり盤面を取りきって攻めていきましょう。

ゲーム内での各カードの使い方

ここではそれぞれのカードが
ゲームの流れの中でどの場面で使われるのかを解説していきます。


序盤(1~3ターン目)に活躍するカード

知恵の光
ドロシーウィッチにおける最重要スペルの一つです。
1コストスペルは手札にスペルブーストカードが2枚以上ある時点で
コストの踏み倒しが出来るのでとにかく強いです。
さらにドローしてくれるので手札を減らさずにブーストをかけられます。
マリガンでは1枚であればキープは全然ありです。
どちらにせよ1枚別のカードを手札に加えることになるので
ブーストをかけられる分キープしておいた方がお得です。
ただゲームの中盤で既にドロシーを持っている時には
さらにドロシーを引いてしまうことがあるので、
ドローカード全般に言えますが気をつけましょう。


マナリアの知識
コストを踏み倒す1コストスペルってだけでも強いんですが、
次の動きまでつなげてくれるドロシーウィッチにとっては最強のスペルです。
1ターン目に打てば2ターン目にも繋げてくれるし、
3ターン目にもブーストをかけながらぴったり動いてくれます!
魔弾であれば除去スペルなので終盤にも腐らないし、
防弾であれば序盤に活躍するのに加えて、
練成で出てきたゴーレムにも守護を付与し、
進化した強いフォロワーに攻撃させない攻めのカードにもなります。
とにかく強いので確実に3枚採用カードです。


ゴーレムの練成
優先されるほどではないですが、しっかりゲームを支えてくれる大事なスペルです。
2/2/2で最低限の動きはしてくれるのに加えて、
マナリアの防壁とのコンボでかなり活躍してくれるようになりました。
攻撃的で、時には守りにも使えるいいカードです。


マジックミサイル
これも優先されるほどではないですが、ゲームを支えてくれる大事なスペルです。
ドローに加え、除去や時には最後の決め手にもなるスペルカードです。
特にマリガンなどで優先はされないですが、序盤にあっても悪くないです。


マナリアウィザード・クレイグ
2/2/2以上に働いてくれるのがこのフォロワーです。
スペルブースト付きの何かを出すときについでに出せたり、
序盤であればドロシーやキマイラなどの重めのカードをブーストできる重要なカードです。
ただ後半で引くと腐ることも多いので、採用の加減がされやすいです。


ゴーレムアサルト
2コストですが、2ターン目に打つのはあまり勧められないスペルです。
ただ手札にドロシーがいて、手札に1コストスペルがある場合は
3ターン目の動きがかなり強くなるので強いです。
使いどころの難しいスペルではありますが、
ブーストをかけつつ2/3/3の守護を出せるのは強く、
後半にもエンハンス効果で腐りづらいので悪くはないと思います。


神秘の探究者・クラーク
手札にスペルブーストカードが2枚以上ある状態では最強のカードです。
ものすごい勢いでコストを踏み倒してくれるので、
序盤においては最強のフォロワーです。
ただクレイグと同じように後半で引くと腐ることも多いので、採用の加減がされやすいです。


中盤(4~6ターン目)に活躍するカード

マジックオウル
後攻4ターン目における最強フォロワーです。
盤面の処理をしつつ、手札のコストを踏み倒していきます。
ただやはり進化権のなくなった後半には腐りやすいですが、
効果が強すぎるのでほぼ3枚採用は確定でしょう。

スポンサーリンク

ルーンの貫き
これも後攻4ターン目における最強カードです。
先行4ターン目でも悪くはないですが、
やはり効果と相まって後攻の時に効力を発揮します。
中盤から終盤にかけてバーン兼処理カードとして有能です。


ゲイザー
序盤に出しても強いですが、中盤でも十分活躍してくれるフォロワーです。
クレイグ、クラークあたりがブーストをかけてくれるので、
ドロシーまでの繋ぎをしっかりとしてくれます。
さらに繋ぎだけでなく、
ドロシーを出した後に引ければ0/3/4という恐ろしいフォロワーになります。
進化した2/2のフォロワーと同時に出せば
サラマンダーブレスのような2点処理系のケアになるので、
終盤までかなり活躍してくれます。


次元の魔女・ドロシー
これがないと始まりませんね、ドロシーです。
マリガンでの最優先カードです。
引けていない場合はとにかく、
ドロシーを引くことを最優先に動いていく必要があります。
しっかり動けていれば5,6ターンにはドロシーを出せるようになるので
そこまでに出せるようにブーストをガンガンかけていきましょう。
手札を補充しながらブーストをかけて攻めていく
反則ぎりぎりの効果なので強すぎますね。
中盤から終盤まで活躍してくれます。


キマイラ
大型の処理フォロワーです。
処理しつつ4/4がならぶので相手としてはかなり厄介なフォロワーでしょう。
中盤に処理していくのももちろん強いですが、
ドロシーからドローしたキマイラは本当に強いです。
同じく中盤から終盤まで活躍してくれます。


刃の魔術師
中盤の後半(5,6ターン目)から活躍してくれるフォロワーです。
相手のライフを削るのに特化したフォロワーで、
中盤の削り役兼フィニッシャーです。
同じく中盤から終盤まで活躍してくれます。


終盤(7~10ターン目)に活躍するカード

オズの大魔女
4枚目の終盤特化用ドロシーですね。
ただスペルブーストがかからないので1枚採用です。
事故の原因になりますからね。
後述する雷、雷撃のトリガーにもなります。
普通にドローソースにもなるので強いです。
ただ処理されると手札のスペルが消えるので扱いに多少の注意が必要です。


変異の雷撃
最後の詰めのカードになります。
相手のフォロワーをダメージソースに換えるので
処理にもなり、守護を消して突破することも出来ます。
ただこちらもダメージを受けることになるので扱いの難しいスペルです。
こちらも少し重く、事故の原因になるので1枚採用です。


連鎖する雷
こちらも最後の詰めのカードになります。
再利用できるバーンカードです。
再利用できるので10ターン目には手札によりますが6点まで飛ばせます。
ただこちらも少し重く、事故の原因になるので1枚採用です。

注意するべき対戦デッキ

強いデッキなのでほぼ勝てますが
やはり苦手なデッキはあるので解説していきます。

ランプドラゴン

序盤から積極的に動くことが出来ればなんてことないんですが、
やはり後半にもつれこんだ時に回復、全体処理で負けるので戦い方には注意です。
あと何故か知らないですけど、
今回のグランプリ中の試合で5戦中3試合がランプドラゴンだったので
特に注意すべき相手です。
流行ってるんですかね??


ミッドレンジロイヤル

こいつが一番の敵ですね。
はっきり言って強い。
回復も盤面を取ることも出来るので相性が最悪です。
管理人もこいつに負けて4勝になりました。
ただミッドレンジロイヤルはランプドラゴンには弱いはずなので、
うまくドラゴンが増えてくれるとありがたいです。

まとめ

ドロシーウィッチに関してかなり詳しく解説していきました。
初のグランプリなのでどうなるか分かりませんがかなり楽しみですね!!

これからも進捗具合を書いていこうと思います!

スポンサーリンク

デッキ紹介カテゴリの最新記事